翻訳会社を選ぶポイントを徹底解説【サービス内容を確認】

パソコン

より質の高い翻訳を

より質の高い翻訳をしたいという場合には自社ではなく翻訳会社を利用するというケースが増えています。翻訳会社に依頼する場合には専門性が高いと費用が高くなる傾向にあり、コンピュータマニュアルや金融・経済の文書は1ワードあたり30円程度が相場となっており、医学関係の場合には35円程度になります。
パソコンを操作する人

言葉の大切さ

海外との交流が増えた現代。今まで不便に感じていた事も、諦めていた事も、翻訳会社を利用すると、信頼関係も築きやすくなり、お仕事もスムーズになり多くのチャンスに遭遇しやすくなる事でしょう。言葉の壁も翻訳会社を利用する事で取り除く事が可能なのです。

男性

翻訳の依頼と作業内容

翻訳会社に作業を依頼する際には、翻訳文書の専門性や納期などを把握した上で最適な業者を見つけることが必要です。また、翻訳会社だけではなく、在籍する翻訳者の技術力を見極めることが文書の品質上げるポイントとなります。

男の人と女の人

信頼性の高い翻訳

国際化が進む現場では正確な翻訳がとても重要です。しかし、そのための時間が忙しくて取れなかったり、翻訳能力に自信がなかったりする場合は、翻訳会社を使うのが一番です。正確で質の高い翻訳が手に入り、その分の人手や時間を他のことに回すことができます。

PC

翻訳が必要になるケース

業務上の翻訳が必要になった場合は、専門の翻訳会社に頼むのが賢い選択です。そのような翻訳会社では、専門性の高い翻訳者と、翻訳者の訳した文章をチェックするネイティブ・スピーカーを揃えているため、安心して翻訳を任せられます。

翻訳依頼の方法

男女

翻訳のプロにまかせる

翻訳依頼を考えている方へ、翻訳会社への依頼の方法や、その後の流れを紹介します。そして、お問い合わせ翻訳会社各社それぞれ、webサイトを持っています。そこで、対応言語や料金、その会社の得意とする分野から、依頼先として合うかどうか。実績・取引顧客から、信頼できそうな会社かを確認しましょう。依頼したい翻訳会社が見つかったら、お問い合わせです。電話、FAX、E-mail、wedサイト上など、複数の方法が可能です。次に、見積もり翻訳対象を送付します。・E-mailにて翻訳データ(ワード、エクセルなど)を添付し送信・各社webサイト上の入力フォームにて、翻訳データを送信・郵送・宅配便・FAXなど、翻訳会社によって方法は多数用意されていますので、確認し好きな方法で送りましょう。現物を送らなくても概算で試算は可能です。機密性の高い文書などは、まずは送らず概算で、という選択もありでしょう。翻訳対象の種類(文書、動画など)、量(文字数、動画の場合時間)、翻訳言語などにより料金が決まります。その他確認しておきたい項目として、校正・チェックがしっかりとされるかやネイティブチェックをするかどうか、そして別料金なのかと言う点です。また、納品後のアフターフォローの有無や料金についいても翻訳会社に確認しておくといいでしょう。また、契約料金、納品日などの契約内容に納得すれば、正式に契約となり、翻訳開始です。そして、納品翻訳対象の形式により、データでの納品や郵送など納品方法は変わります。この辺りも翻訳会社に確認と相談をしましょう。すると後日請求・支払い請求書が届きます。それにしたがい支払いをして完了です。翻訳会社によっては前払いのところもあります。もし納品された文書などに満足できなかった場合は修正依頼です。なので、安心して依頼することが可能です。

Copyright© 2018 翻訳会社を選ぶポイントを徹底解説【サービス内容を確認】 All Rights Reserved.